【すべて無料】子どもから大人まで図書館の上手な使い方【使わないのは持ったないない】

絵本の読み聞かせはいつまで?【親子にとってメリットしかないという話】 小学生の教育

\ぜひSNSでシェアしてね/

みなさん、図書館使っていますか?

 

図書館を利用したことがないっていう人、結構多いです。

 

図書館って、ちょっと敷居が高そう。

どうやって本を借りたり、返したりしたらいいかわからないし、めんどくさそう。

 

と思っている人、

espe

本当にもったいないですよ!!!

 

子どもを3人育てながら、図書館を最大限有効利用しているひとりとして、たくさんの人に図書館の上手な使い方をお伝していきたいです。

 

ちょっとした裏技もお伝えしていきますよ~。

 

✅ この記事では、

 

・図書館を利用するといいことって、なに?

・図書館を初めて使う時の簡単な注意点

・\\ 裏技 //【ぐずる子どもがいても安心】図書館の上手な使い方

・子どもと一緒に図書館を利用する時の楽しみ方

 

がわかります。

 

 

espe

小さいときからたくさんの本に触れるチャンスがあるのに、それを逃すのはもったいない。

小さい子どもと一緒でも、楽しい図書館ライフができますよ。

 

 

図書館を利用するといいことって、なに?

図書館の上手な使い方

 

小さいころからの「読み聞かせ」は子どもにいい

って言われているのを聞いたことはありませんか?

 

4人の子ども全員を東大理Ⅲに合格させた佐藤亮子さんも、

幼少期からの読書の大切さを明確におっしゃっています。

参考:AERA dot.

 

ちなみに、4人の子ども全員を東大理Ⅲに合格させた佐藤亮子さんは子どもがお腹にいるときから

「子どもが3歳になるまでに絵本を1万冊読み聞かせる」と決めていたそうです。

そして、それを4人の子ども全員にやり遂げたそうです。すごいですよね~。

ちがうとは言われても、「子どもの学力は、親の努力の結晶なのだ」と思ってしまいます。

 

それはさておき、それだけの量の本を家に保管することは到底できませんよね。

前述の佐藤亮子さんも毎週日曜日には、家族全員で図書館に通っていたそうです。

 

公共の図書館は、無料で利用できます。新しい本から絶版になった古い本までたくさんの本が保管されています。

子どもに本をたくさん読ませたい!読んでほしい!と思っても、本って結構かさばります。

特に絵本は分厚いものも多いので場所をとる…。

しかも、絵本は結構、高価なものが多いです。

お金がもちません…。

 

でも、絵本にはたくさん夢が詰まっています。

 

それなら、図書館で借りてきて思いっきり読ませてあげましょう。

 

図書館を初めて使う時の簡単な注意点

図書館の上手な使い方

 

お住まいに地域によって異なりますが、国や県などが管理している大きな図書館から、市などもう少し小さい自治体が管理している図書館まで、さまざまです。

管理している自治体によって、それぞれ貸出カードが作れますので、それぞれの図書館で貸出カードを作っておくと、借りられる本も増えて便利です。

我が家は、県図書館で家族4人分のカード・市図書館で家族4人分のカード = 計 8枚

の貸出カードを作って有効に使っています。

図書館によって様々ですが、私の住んでいる地域の図書館では、

 

✔貸出カード1枚につき

本 6冊

雑誌・紙芝居・CD・DVD・カセットテープなども借りられます。

 

✔貸出カードを作るときに必要なもの

  • それぞれの図書館に備え付けの「個人貸し出し登録申込書」
  • 身分証明書

 

地域によっては、「子ども図書館」など小さい子ども専用の図書館もあったりして、うらやましい限りです。

児童書の数は、普通の図書館に比べて比較にならないくらいたくさん。

子どもも大喜びですよ。

 

\\ 裏技 //【ぐずる子どもがいても安心】図書館の上手な使い方

図書館の上手な使い方

 

親が出かけようと思っても、子どもがくずって思うようにならないこと、本当に多いですよね。

心の底から、よくわかります。わかりすぎます。

そんなにぐずっている子どもを連れて静かな図書館に行ったら迷惑になる・・・と思ってしまいます。

子どもがいて不安な時は、図書館での滞在時間をなるべく短くするように工夫してみましょう。

 

✔ 裏技

借りたい本の予約をしておく。 →  これは本当に便利です!!

 

子どもがぐずっていると、ゆっくり本を選ぶことができませんよね。

泣かれるとこちらも落ち着きません。

あらかじめ、借りたい本を図書館のホームページか電話で予約しておくだけで、カウンターに行けばスムーズに本を貸し出してくれますよ。

しかも、予約の本は新しく出版された本でもOK !

蔵書にないものは、他の図書館から取り寄せてくれたり、新しく購入してくれたりします。

我が家は予約をそれぞれのカードMAXまで入れているので、常に予約の本が届く状態です。購入したばかりの本もたびたびあって、本当にありがたく読ませてもらっています。

 

✔ 図書館で予約する本はどうやって見つければいいの?

おすすめなのは、定期的に書店に行って今おすすめの本をメモしてくることです。

特に絵本や幼児書は、季節ごとにおすすめの本が変わっていて楽しですよ。

子どもに読んでもらいたい本をメモして、さっそく図書館で予約をしましょう。

1ヶ月もしないうちに届くことでしょう。

他におすすめの方法は、

新聞の広告欄に記載されている本や教科書に書かれているおすすめの本など。

人気がある本ばかりなので、予約してお取り寄せするのがおすすめです。

 

子どもと一緒に図書館を利用する時の楽しみ方

図書館の上手な使い方

 

図書館を利用する人はいつもだいたい同じ、偏っているなぁ、というのが私の印象です。

図書館ではそれぞれの自治体で、子どもも楽しめるイベントなども定期的に開催しています。

 

  • お話会
  • 工作会
  • 図書館の本を市民に配布する   など

 

司書のかたに相談すれば、やさしく相談にのってくれますよ。

ぜひ、今週末は家族で図書館に行ってみてくださいね。