子どものプログラミング嫌いを何とかしたい【プログラミングは工作です】

子どものプログラミング嫌いを何とかしたいのアイキャッチ画像 小学生の教育

\ぜひSNSでシェアしてね/

いよいよ2020年度から、小学校で必修化されるプログラミング教育がスタートしましたね。

現在小学校3年生の娘も、プログラミング教育がはじまるということで、2年生の時からプログラミング学習用のドリルをやっています。

でも、これが案外むずかしいんですね。

 

espe
こんにちは。espe(エスペ@cookea20reborn)です。

大学2年・中学3年・小学3年の子育てしています。

14年くらい、料理教室も経営していました。

 

子どもも親も、プログラミングが初めての経験という家庭も多いのでは?

ウチはそうでした。

これから娘の人生の中で、長く付きあっていくであろうプログラミング。

せっかく勉強するなら嫌いにならずに、楽しんで学習してもらいたい

今日は、プログラミングが初めての親子でも楽しく学習できるコツをご紹介します。

 

この記事でわかること
  • プログラミングはむずかしい?
  • プログラミングを嫌いにならないためにすること
  • プログラミングを楽しく学習するコツ
  • 【厳選】おすすめプログラミング教材
  • この記事のまとめ

がわかります。

 

それではさっそくみていきましょう ♪

 

プログラミングはむずかしい?

子どものプログラミング嫌いを何とかしたいの画像

 

そうなんです、プログラミングがむずかしい?と思っている親子がとてもおおいこと。

でも、プログラミングは、

      コンピューターを指示通りに動かすための『命令書づくり』

 

なんです。

「あんなもの」や「こんなサービス」を作りたいというひらめきや発想は 人工知能(AI)  ではできないこと。

プログラミングを学習することで、人間にしかできないことができるようにもなるのです。

少し前、81歳のおばあちゃんが「最高齢のアプリ開発者」として米アップル社から高く評価されたことが大きく報道されました。

現在85歳になられたこのアプリ開発者のおばあちゃんは、

作りたいものがコンピューターを使ってカタチになる。

その楽しさが工作をつくる感覚であり、大切にしてほしい。

                             最高齢のアプリ開発者 若宮 正子さん より引用

と、子どもたちに伝えています。

 

プログラミングも何かを作り上げるという点では、図工の工作といっしょ。

コンピューターの力を借りてどんなものができるか?

アイデアを育てることからはじめると、もっとプログラミングを楽しむことができるんじゃないか?といわれています。

そんな気持ちで取り組めば、プログラミングが難しいと思う以前に、学びたいと思う気持ちが強くなると思います。

プログラミングを嫌いにならないためにすること

子どものプログラミング嫌いを何とかしたいの画像

 

プログラミングを嫌いにならないためにすること。

そのためには、まず子どもが楽しく学べる環境を作ることです。

 

子どもが楽しく学べる環境を作るためには

上三角 プログラミングの楽しさやおもしろさ、達成感が味わえるようにする

上三角 「早くつぎもやってみたい」とおもえる環境を作る

上三角 子どものレベルにあった教材を与えるようにする

 

例えば、プログラミングではなくても楽しかったり、おもしろいものは、「またやってみたい」と思いますよね。

プログラミングも、その子にあったレベルの教材で楽しめる環境を作ってあげること。

それが嫌いにならずにプログラミング学習をスタートできる、重要なポイントなのです。

プログラミングを楽しく学習するコツ

子どものプログラミング嫌いを何とかしたいの画像

 

子どもが小学校でどんなプログラミング教育を受けることになるのか、不安ですよね。

文部科学省が提示している 小学校プログラミング教育の手引|文部科学省 に詳しく書かれています。

決して、小学校で、プログラミング用のコードを勉強するわけではありません。

 

プログラミングを学習する目的
  1. 論理的思考力を身につける
  2. モノづくりができる
  3. 集中力を身につける
  4. IT知識を身につける

なのですね。 (小学校プログラミング教育の手引き|文部科学省より)

 

プログラミングを学習しながら、

● 自分のアイデアをカタチにする(ロボットなどを実際に動かす)

● 創意工夫をする

● 自分が作ったもので友達と共感しあえる

● 自分の考えをプログラムに反映することができるようになる

● コンピューターのしくみがわかるようになる

 

こんな風になってくれたら、いうことはありません!

 

【厳選】おすすめプログラミング教材

 

では、プログラミングを学習しようとしたとき、何から手をつけたらいいのでしょう?

私も、迷いました。

ここでは、まずプログラミングが初めて子どもや、小学生でも楽しめる教材を紹介します。

 

D-SCHOOLオンライン

D-SCHOOLマイクラッチJrコース

出典:D-SCHOOLオンライン

自宅でいつでも学習できるオンラインのプログラミング教材 D-SCHOOLオンライン

14日間の無料体験もできますので、まずは体験をしてみて自分にあうコースを見つけることができそうです。

D-SCHOOLオンラインは、コースが細かく分かれており、自分にあったコースが見つけらることが最大のポイント。

その中でも、プログラミングが初めて子どもや、小学生に人気のコースをご紹介します。

 

マイクラッチJrコース・マイクラッチコース

D-SCHOOLマイクラッチコース

出典:D-SCHOOLオンライン

マイクラッチJrコース・マイクラッチコースでは、小学生に人気の「マンクラフト」を用いたオリジナルの学習コンテンツで、プログラミングを楽しく学習します。

子どもたちに人気のマインクラフトがでてくるので、子どももさらに楽しめます。

 

英語 & プログラミングコース

D-SCHOOL英語-プログラミングコース

出典:D-SCHOOLオンライン

2020年度から全国の小学校で英語教育が必修化になりましたね。

このD-SCHOOLオンラインの英語 & プログラミングコースでは、その英語とプログラミングが同時に学べます。

ゲーム内で使う英語を学びながらプログラミングを学習していくシステム。

英語という感覚をなくして、いつの間にか学習することができると人気です。

\関連記事はこちらをどうぞ/

【送迎不要】グローバルクラウンで英会話ができるようになる?

【送迎不要】グローバルクラウンで英会話ができるようになる?

2020年6月24日

 

LITALICOワンダー(リタリコワンダー)

リタリコワンダーの画像

出典:LITALICOワンダー

2020年4月末からスタートしたLITALICOワンダーのオンラインスクール。

LITALICOワンダーの最大の特徴は、通塾型とオンライン型と選べるところです。

低学年のお子さんは、特に「実際に対面で教えてもらいたい!」というお子さんも多いのでは?

でも通いやすいところにLITALICOワンダーの教室があるとも限りません。

通塾型とオンライン型。通いにくい場所にお住いの場合は必然的にオンライン受講になりますね。

どちらで受講するにしても、通いやすい形で、年長さん~高校生まで学習できるコースがあります。

さらに、LITALICOワンダーでも興味のあるコースを無料で体験することができます。

ここではプログラミングが初めての子どもや、小学生に人気のコースをご紹介します。

 

ゲーム & アプリプログラミングコース

リタリコワンダーのゲーム & アプリプログラミングコース

                                             出典:LITALICOワンダー

スマホなどの身近なゲームの製作をしながらプログラミングの基礎となる考え方が身につくゲーム&アプリプログラミングコース

ゲーム好きのお子さんは、自分で作るゲームに興味津々です。

 

ロボットクリエイトコース

リタリコワンダーのロボットクリエイトコース

                                            出典:LITALICOワンダー

ロボットクリエイトコースでは、ロボット好きのお子さんは、まちがいなくはまるかも⁈

ブロックを組み立てて、パソコンでプログラミングを行い、機械が動くしくみを学びます。

 

デジタルファブリケーションコース

リタリコワンダーのデジタルファブリケーションコース

                                             出典:LITALICOワンダー

3Dプリンタやレーザーカッターなどデジタル工作機器を使って、実際にモノづくりを行うデジタルファブリケーションコース

パソコンやタブレットで自分がデザインしたものを3Dプリンタで出力するなど、オリジナルの作品を作ることができます。

 

この記事のまとめ

記事のまとめの画像

 

プログラミング教材は種類もいろいろあります。

プログラミングのドリルをやりながら、オンライン教材を受講するのもおすすめです。


まずは、子どもがプログラミングを嫌いにならないこと。

親が、楽しんで学習しようとできる環境を作ってあげるようにしましましょう。